信用情報機関(ブラックリスト)に登録されるの?

主婦01

カードローンに申し込みをすると信情報機関に登録されます。
カードローンだけではなく、クレジットカードやスマートフォンや携帯電話などの購入に分割払いを使用したり、マイカーローンや住宅ローンなどの金融商品の申し込みをすると登録されます。

信用情報機関に登録されることは悪いことではないので、気にしないで大丈夫です。

信用情報機関には、個人の名前や生年月日、住所などの基本的な個人を特定する情報をはじめとし、今までの金融商品を履歴などが登録されています。クレジットカードで洋服を購入したのも、いつ、いくらの商品か、返済日や支払い回数などが登録されています。

もちろん、この使ったクレジットカードを申し込んだ日やその時の勤務先や電話番号なども登録されています。

なぜ、登録されているのかと言うと、カードローンなどの金融商品に申し込みをした際に金融会社や銀行は信用情報機関に申込者が今、他社で借り入れをしていないか、今まで借り入れやクレジットの支払いはきちんとしている人かどうかを信用情報機関に問い合わせをします。

その際に、新たな顧客情報を信用情報機関に受け渡すような仕組みになっています。この際に、結婚などで苗字が変わっていたり、転職によって勤務先に変更があったりすると信用情報機関は情報を更新して常に新しい情報を入れておきます。

これらは、総量規制を守るために登録されていたり、借りすぎ、貸しすぎを防ぎ、社会的問題でもある多重債務者を増やさない為に行われています。

申し込みも一度に多くの会社に申し込みをしていると、返済のことをかんがえないで急いで借り入れがしたいのか。など怪しまれてしまうので、連続で申し込むのであれば2〜3件が限度です。
これ以上、申し込みをしていると信用情報を見た時に違和感がありますから審査に通りにくくなってしまいます。

申し込みをしただけでも、信用情報機関に登録されてしまうので安易な気持ちで申し込みをしないようにしてください。本当に必要な商品のみ選んで申し込みをするようにしましょう。

ページの上部へ